FC2ブログ

英彦山(中岳~南岳~鬼杉~大南神社)

YUKIHO

~福岡県の山を巡る旅~
2019年10月21日(月) 英彦山

英彦山

福岡3日目

福岡県といえば、英彦山!

とっても魅力的で絶対登りたいお山でしたが
地元の方から、土日はすごい人で駐車場に入れないとか
色々大変そうな事を聞いていたので、敬遠していた英彦山

平日休みが取れたこの日を狙って
やってきました〜♡

英彦山
別所駐車場に到着
朝一は、本当に人気の山なの?ってくらい人がいませんでした
平日のもんですね♪

英彦山
別所駐車場から山行開始♪

英彦山
道路を歩きます

英彦山
お楽しみの参道に合流〜♪

英彦山
平日だからなのか
お店はどこも閉まってて、なんだか寂しい

英彦山
参道を歩くのが楽しみでしたが

英彦山
まさかの、工事中〜
ぐるっと迂回路を歩き

英彦山
参道へ戻ってきました

英彦山
残念だけど、ここはまたいつか歩きに来よう

英彦山
ここからは参道が歩けました♪

英彦山
癒しの道

英彦山
ん??? あれはもしや???

英彦山
季節外れの桜なの!!?

英彦山
英彦山スロープカーだ♪
乗りたいところだけど、年取って歩くのが大変になった時に乗ろう

英彦山
英彦山神社奉幣殿に到着

英彦山
誰もいない・・・
本当に週末はすごい人なんだろうか・・・
静かすぎて、まったく想像できません

英彦山
参拝して、石鳥居をくぐり登山道へ
あの鳥居は、行者界と菩薩界を分ける結界とされていたようです

英彦山
英彦山上宮までは、約1.9㎞

英彦山
石鳥居をくぐり階段を上がっていくと

英彦山
英彦山神社下宮がありますが、これまた工事中で残念
でも、参拝はできたのでよかった♪

英彦山
さて、どんな道がまっているのかな~
初めての道はワクワクします♡

英彦山
少し進むと苔むした蛙?みたいな大岩がありました

英彦山
その両サイドが登れるようになってて、鎖もかかってる

英彦山
その後は、どこまでも続く

英彦山
急な階段地獄

英彦山
神秘的な木にであった

英彦山
何に見えますか?

英彦山
私には、シシガミ様に見えます♡

英彦山
現在地!
のんびり歩いてるので全然進んでない・・・

英彦山
たまに階段地獄から解放されると

英彦山
美しい景色が目に飛び込んでくる

英彦山
と、酔いしれる間もなく急階段

英彦山
岩場

英彦山
上からの図
鎖がかけてありますが

英彦山
つかわなくても登れます

英彦山
今朝はどんより曇り空

英彦山
フラットな道を進むと

英彦山
5合目の中津宮に到着

英彦山
宗像の三女神が祀られているそうで

英彦山
ご挨拶

英彦山
軽いアップダウンを繰り返し

英彦山
狩籠護法という、祠跡に到着

英彦山
神話も知れば知るほど面白いです

英彦山
見所満載の登山道
お次は、稚児落しというおっかない名の場所

英彦山
穴のその先は、、崖~!

英彦山
葉が色づいてる♡

英彦山
登山道は相変わらずの階段三昧

英彦山
関銭の跡に到着

英彦山
昔はここで入山料を払って、ここから先は全ての人が徒歩で参拝しなければならなかったそうです

英彦山
広場に到着

英彦山
産霊神社

英彦山
上宮までラストスパート☆

英彦山
見えた~♪

英彦山
上宮の屋根~♪

英彦山
最後の階段を味わいながら登る

英彦山
到着しました~!英彦山上宮

英彦山
なんと!青空も見えてきた

英彦山
中へ入って

英彦山
参拝

英彦山
お次はあちら

英彦山
三角点のある頂き、南岳へ

英彦山
南岳へは一旦下って

英彦山
登り返します

英彦山
アザミが登山道を彩ってます

英彦山
上宮のある中岳を振り返る

英彦山
あっちには北岳
北岳も行ってみたかったな

英彦山
オレンジ色に癒されながら、急登を登りきると

英彦山
英彦山山頂、南岳に到着

英彦山
三角点にタッチ♪

英彦山
ここにも修行窟跡がたくさんありました

英彦山
気持ちのいい青空

英彦山
青空の下でポカポカランチタイムは最高です

英彦山
下山は南岳から鬼杉方面へ
こちらは鎖場があり、さらに急で長く険しい道になります

英彦山
すぐに1つ目の鎖場
距離は短いですが、真下に降りていく感じで足場が探しにくい
慣れてない人は少し怖いかもしれません

英彦山
梯子は上の方が紐で簡単にくくってあるだけで、グラッとくるので要注意!

英彦山
鬼杉まではあと、1.1㎞

英彦山
2つ目の鎖場は

英彦山
こんな感じ

鎖場というほど難しくないです

英彦山
景色が最高ですが

英彦山
どこがどこやらさっぱりわからないのが残念

英彦山
この景色は

英彦山
英彦山の神からのご褒美ですね♡

英彦山
急斜面というか

英彦山
もはや崖を下っていく感じの道が続きます

英彦山
片足を思いきり伸ばして一つ下の岩へ足を運ぶ

英彦山
腰を落とし次の足をまた下へ運ぶ

ってな感じで、腿が鍛えられる♪

英彦山
鎖がかけてありますが、使わずにおりれます

英彦山
ここも使わなくてもおりれます

英彦山
登りで歩いた尾根が見える♪

英彦山
上を見ると色とりどりの葉っぱ達に癒される

英彦山
真っ赤もいいけど、このぐらいの感じも好き

英彦山
緑は目と心に優しい♡

英彦山
急な岩場が終わると、巨木達がお出迎え♪

英彦山
緑が綺麗

英彦山
苔の絨毯

英彦山
大きな木が本当に多い

英彦山
そして、岩も多い

英彦山
材木岩といわれる

英彦山
板状節理した見事な大岩に到着

英彦山
岩がゴロゴロしたこんな急斜面を

英彦山
ひたすら下っております

英彦山
テンナンショウの実

英彦山
また、立派な大木!
もしや、、これが鬼杉なの!!?と思ってしまうほど

いやいや、もっともっとすごいはず!
鬼杉に会えるワクワク感が増していきます

英彦山
鬼杉まで0.3㎞

英彦山
現在地はこんな感じ

英彦山
あー! 絶対あれだ!!! すっすごい存在感!!!

英彦山
ま、まさに、鬼〜!!!
巨大すぎて、首が痛いですっ

英彦山
写真では伝わらないこの大迫力

英彦山
すごいパワーを頂けました

英彦山
鬼杉の横には仏様がおられたのでご挨拶

英彦山
鬼杉から引き返し、大南神社へ向かいます

英彦山
大南神社へ向かう道
登るんだね~

英彦山
うんうん、登るよね~
鬼杉まで結構下ったものね~

って、疲れてきた私はブツブツ言ってしまう・・・

英彦山
でも疲れは一気に吹っ飛びました~☆

英彦山
大南神社に到着

英彦山
失礼致します

英彦山
土足厳禁です

英彦山
素敵な所すぎて、すぐに帰るのはもったいないので瞑想タイム

英彦山
さて、帰りましょ~
って、、まだ登るのね~

英彦山
ここを登ったら

英彦山
しばらくフラットな道♪

英彦山
現在地はここ
ここのビックリマークは、きっと先ほどの鎖場かと思われますが
かなり優しい鎖場です

英彦山
地味に下っていくと

英彦山
三呼峠に到着~♪
奉幣殿までまだ2.1㎞あるんだね~

英彦山
ここから一気に下る

英彦山
とってもお上品で可愛い、マツカゼソウ(松風草)
この辺にたくさん咲いていました

英彦山
また登って、下って、登って、下っての繰り返し

英彦山
もはや読めませんが

英彦山
神秘的で素敵な池がありました

その他にも、この登山道には気になるスポットが点在してて気になりすぎます

英彦山
四王寺滝入口

英彦山
この鳥居の先も気になる

英彦山
鳥居から200m先に世界最大の梵字が岩壁に掘られているそうで
とっても見たいけど、時間がないのでまたの機会に

英彦山
歩きやすい道が続いています

英彦山
あと、0.9㎞

英彦山
わわわ!なんだかすごい群生してる!!!

英彦山
フッキソウ(富貴草)です

英彦山
春に開花します
これだけの群生が開花したら、綺麗だろうな~

あ~!見に来たい~!!!と、欲望がとまならい

英彦山
この先は修行窟跡が続きます

英彦山
その時代の風景を想像しながら歩く

英彦山
学問神社も気になりつつ

英彦山
ピンと伸びた針葉樹林帯を抜け

英彦山
たまにこんな景色を拝みながら

英彦山
ゴーーール

英彦山
無事に帰ってきました

英彦山
お守りを買って帰ろう♪

英彦山
やっぱり、青空が似合うな♡

英彦山
最後に桜?に癒されて参道を下ります

英彦山
また、いつか絶対にきます!

英彦山
ありがとうございました

英彦山
あと、0.6㎞

英彦山
ねこちゃんが出迎えてくれて

英彦山
別所駐車場に到着~☆

登山中もほとんど人に会うことなく、のんびりとした山行ができました

英彦山、来れて本当に良かった
五感に響きまくる、とてつもなく素敵なお山でした


さて、いい感じで疲れた体を癒してくれる本日の温泉は

英彦山
英彦山温泉~♪
PH9.8の強アルカリ性、トロントロンの湯

癒された~♡


そして、最終日の4日目

福岡
〆に美味しいうどんを食べて帰ろうと
お友達から教えてもらった北九州の久兵衛

いつも並んでるみたいだけど、ちょっと少し待てば入れてラッキー

福岡
ゴボウ天うどんをチョイス♪
麺がツルツルしてて初めての食感! とっても美味しかったです♡

うどん屋さんをでると目に飛び込んできた看板

福岡
北九州名物につられて買ってしまった
ぎっしり甘い餡がつまっててかなり重めな感じです

福岡
せっかくなので、黄金商店街をぐるっとお散歩

福岡
昭和な香り漂う素敵な商店街でした


福岡県、まだまだ登りたい山や行ってみたい場所がたくさんあります

またお邪魔しまーす♪

《英彦山の山行》
合計距離:約9㎞
合計時間:7時間24分
累積標高:約740m

スポンサーサイト



Posted byYUKIHO

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply